リサイクルされた紙が使われている

何度も繰り返して使おう

丈夫な紙を作ることができる

何かを運ぶ時に使う、段ボールを誰でも1回は使ったことがあるでしょう。
段ボールは、実は再生紙から作られています。
紙を再利用することで、丈夫な製品を作ることができるのは驚きですね。
調べると、再生紙はたくさんの製品に使われていることがわかります。
その中で全体の30パーセントから40パーセントほどが、段ボールが占めています。

再生紙の使い道として、最も多いのが段ボールといっても過言ではないでしょう。
段ボールを使う機会があったら、紙が再利用されているのだと思ってください。
リサイクルを、あまり意識していなかった人がいるでしょう。
ですが段ボールのように、非常に身近な存在も再利用されています。
これから、リサイクルに積極的になってください。

際利用するメリットを知ろう

紙を再利用することで、森林をこれ以上伐採しなくてもよくなります。
新しい紙製品を作るために、森林をどんどん伐採しています。
今後も続くと、森林がなくなってしまうでしょう。
回避するために、今は髪を再利用する働きが推進されています。
最初は薄い紙だったかもしれませんが、再利用することで段ボールのように丈夫な紙に生まれ変わることが可能です。

再生紙の可能性は無限大なので使い終わった紙でも、簡単に捨てないでください。
紙を回収する日が、各地域で決まっています。
その日に出して、回収してもらってください。
するとリサイクルできる場所に紙が持って行かれ、再生紙が作られます。
ゴミを正しく分別することも、リサイクル活動になります。


この記事をシェアする